【※驚愕※】両手の親指に息を吹きかけてみて!ガチでとんでもないことが起こるぞ・・・

辛い時やリラックスしたいとき、知っておくと便利な人体に関するトリビア8つをお届けします。

喉のいがいがを緩和する方法

喉がいがいがして咳が止まらず気持ち悪い時は、耳をゴシゴシしてみてください。
わずか数秒のうちに治ります。
耳に与えた刺激が喉にけいれんが起こし、喉のいがいがを緩和してくれます。

気持ちを落ち着かせる方法

リラックスできない時に落ち着くためには、氷のように冷たい水を数分間顔にかけてみてください。
哺乳類は息ができない時に“潜水反射”により、身体が心拍数を抑え酸素の消費量を減らそうとします。
 

注射の時に痛みを感じない方法

痛みを感じないためには、意識を逸らせること。
その方法としては、針が刺されるときに軽く咳き込めば注意を逸らすことができます。
ただし医師の妨げにならないように、腕を動かさないよう気をつけましょう。

やけどの水ぶくれを防ぐ方法

軽度の火傷の時、やけどをした部分に指先を数分間当ててください。
これでやけどした部分が通常の体温に戻るように働きかけます。
皮膚は自然と治り水ぶくれを防ぎます。
 

鼻づまりをスッキリさせる方法

鼻づまりが気になる時には、人差し指を眉間に当てならが、舌の先を口内の上の部分(硬口蓋)に数秒押し付けてみてください。
これで鼻腔がすっきりします。

歯の痛みを止める方法

冷たい氷を親指と人差し指で持ち、氷を手の甲に当ててください。
氷の冷たさが痛みを感じる神経を麻痺させてくれます。
歯痛の60%から90%が緩和されますが、あくまで痛みを散らしているだけですから、歯科医での治療は必要です。
 

緊張をほぐす方法

緊張で胸の鼓動が止まらず、リラックスしたい時は、両親指に数分間息を吹きかけてみてください。
息を吹きかけることで深呼吸して呼吸を整え、リラックスできます。
迷走神経の働きを助けることで心拍を穏やかにしてくれます。

偏頭痛をやわらげる方法

親指と人差し指の間にある“合谷(ごうこく)”と呼ばれるツボを、反対の手の親指と人差し指で円を描くように軽く力を入れて押すと頭痛を緩和してくれます。
合谷は頭痛以外にも様々な効果がある最強のツボとも言われています。

ぜひ試してみてね(*´∀`)

\ この記事が気に入ったらシェアしてね /

コメント

名無しさん 2017.02.09 19:27

鼻づまりをスッキリさせる方法
の、「ながら」が「ならが」
になってますよー。

役に立ちました!
ありがとうございます(o´罒`o)

返信
2017.02.10 22:08

え?

返信