【※驚愕※】生まれてすぐ母親は子供の容姿を見て捨てた。数年後・・・まさかの展開に涙が止まらない・・・

生まれてすぐ母親は子供の容姿を見て捨てた。
数年後・・・まさかの展開に涙が止まらない・・・

母親は子供の容姿を見て捨てた

カザフスタンの孤児院で育ったキリルくん。

彼がなぜ孤児院で育つようになったのか?

それはキリルくんに身体的特徴があったからです。

キリルくんが産まれた時、

右手が肘までありませんでした。

それが理由で両親は、

生後20日の彼を孤児院に預けたのです。

ほんと酷い話です。

孤児院の中でもキリルくんは

取り残されていました。

他の子供がどんどんと

引き取られていく中、

誰一人とキリルくんを

引き取る人がいなかったからです。

子供ながらにキリルくんは、

その理由を理解していました。

しかしそんなある日、

キリルくんがいる孤児院に

カナダ人の夫婦が訪れます。

その夫婦の名前はデイブさんとレスリーさん。

彼らは腕のないキリルくんを見て、

引き取りたいと申し出たのです。

しかし、

孤児院の職員が夫婦に、

「本当に手がひとつしかない

 子どもでいいのですか?」

と引き取ることをやめるように言ったそうです。

そんな職員の言葉に耳を傾けず、

キリルくんを引き取ることに決めたこの夫婦。

なぜ右手のないキリルくんを

この夫婦は引き取ることに決めたのか?

「キリルとの出会いは運命だ。」

そう思ったからだそうです。

その理由が明らかになったのは、

キリルくんが両親と共に

カナダの空港に向かった時です。

カナダの空港に着くと、

そこには1人のおじさんが

キリルくんを出迎えにきてくれていました。

それはデイブさんの父親です。

キリルくんの新しいおじいさんになる人。

そのおじさんを見てキリルくんは驚きます。

デイブさんの父親も

生まれつき手が

一つしかなかったからです。

おじいさんはキリルくんの前で膝をつき、

手のない腕の方を笑顔で差し出しました。

キリルくんは嬉しそうに

おじいさんの腕を握り返しました。

キリルくんにとっては、

特別な瞬間だったはずです。

なぜデイブさんとレスリーさんは、

キリルくんを引き取ったのか、

なぜ運命と感じたのかはこれでわかるでしょう。

キリルくんのおじいさんは、

腕がないにも関わらず、

誰からも尊敬される人生を歩んできました。

キリルくんにも希望や夢を持って

生きて欲しいと思ったのでしょう。

デイブさんはこう言っています。

「私の父は人生でやりたいこと

 全てが出来るということを、

 私たちに見せてくれました。

 尊敬されるビジネスマンであり、

 スポーツマンとしても

 輝かしい成績を収め、

 パラリンピックにも

 出場したことがあります。

 今でも毎日私たちに

 人生を楽しむ術を教えてくれます。

 キリルもきっと父の影響を受け、

 しっかり育ってくれると信じています。」

キリルくんは今も、

おじいちゃんとする

「右腕の握手」がとても好きだそうです。

孤児院では自分には腕がないから、

誰にも引き取られない、

誰からも見てもらえない、

そう感じてはずです。

しかし、

この出会いがその思いを

打ち消したことでしょう。

今では自分を理解してくれる

デイブさんとレスリーさん、

そして自分と同じ腕のない

おじいちゃんがいてくれるんだから。

出典:http://gossips-news.com/masaka

感動しました…!

ほんとデイブさんとレスリーさんと

おじいさんに出会えてよかった( ;∀;)

コメント

名無しさん 2017.06.27 20:41

珍しく普通にいい話だなあ

返信