【※注意】「+675~」から始まる番号からの着信に注意!! 電話代の高額請求も…! これはヤバイ・・・

 

今、日本各地から報告が上がっている

 

「+675」から始まる不審な着信の正体・・・

 

実は、パプアニューギニアからの着信だった!!

 

一体なぜ、日本の人々に電話をかけて来るのでしょうか・・・

 

ソフバンなら、30秒249円の通話料が・・・

 

折り返し発信する人が増えたことで、キャリア側でもこの事態を把握。

 

7月3日、公式サイト上でいち早く警戒を呼び掛けたのはソフトバンクで、

 

不用意にかけると、高額な料金が発生する可能性があるとして、

 

「着信履歴で、心当たりのない番号への折り返し電話をされないようお願いします」と注意。

 

KDDIも4日に同様の注意喚起を発表、

 

NTTドコモの広報担当者も4日午前、J-CASTニュースの取材に対し、

 

事態を確認し社内で影響などを調査中だと述べた。

 

パプアニューギニアへの電話料金は携帯会社によって異なり、

 

いずれも30秒ごとに、

 

ソフトバンク249円

 

ドコモ68~63円

 

KDDI65円-

 

となっている。

 

そしてわざわざ、パプアニューギニアから日本に

 

電話をかけて来る理由は、

「現地の電話会社と、業者が結託して

 

国際電話料金の一部を、

 

電話会社からキャッシュバックとしてもらっているのでは」

 

と推理されている。

これを見たネットユーザーの反応

  • かかってきたことあるわ・・・怖い!
  • 知らない番号にかけ直すのやめようかな。
  • 怖すぎ!!

 

これは怖いですね・・・

私も知らない電話番号からの電話は

出ないようにしたいと思います・・・!

 

 

出典:https://www.j-cast.com/2017/07/04302392.html?p=all

\ 続きはこちらから /

コメント

小野さん 2017.07.09 17:30

かかってきたことあるけど無視。
知らない電話番号すべて無視。笑笑

返信
小野さん 2017.07.09 17:31

かかってきたことあるけど無視。
知らない電話番号すべて無視してる笑笑

返信