【※ほっこり】俺「眼鏡のフレームはどれでお作りしましょうか?」女子高生「店員さんが一番可愛いと思うやつ、どれですか?」俺「えっと…」2人の恋の始まりにほっこり♡

俺「眼鏡のフレームはどれでお作りしましょうか?」
女子高生「店員さんが一番可愛いと思うやつ、どれですか?」
俺「えっと…」
2人の恋の始まりにほっこり♡

メガネ屋で働いている男性の元へ

1人の女子高生がやってきた。

 

何度か偶然会い、話すようになり

初デートをすることに・・・。

メガネ屋での出会い

メガネ屋で出会った店員と女子高生。

後に夫婦となる2人の出会いが

とても素晴らしいものでした。

 

俺・・・23歳・メガネ屋の店員

嫁・・・高3・その時が人生初メガネで、つまんない事を言うと

一瞬でマジギレされそうな、切れ長な瞳でキリッとした雰囲気の

RPGで言うと氷系の魔法使いな感じで、学園モノで言うと

風紀委員長みたいなタイプ

 

きょろきょろしながら店に入ってきたけど

ほんの少し眉間にシワ寄っちゃってるのが

委員長って感じ。

 

嫁「あの、メガネ作りたいんですけど」

俺「はい、いらっしゃいませ。こちらへどうぞ」

 

身に纏う空気が妙に完成されてて

俺は内心ちょっとだけビビりながら接客した。

 

俺「初めてでしたら、このくらいのレンズが

目が疲れなくて良いと思いますが」

嫁「じー・・・あ、よく見えます」

 

俺「( ゚д゚)・・あの、私の顔ばかりじゃなく・・略・・

フレームはどれでお作りしましょうか?」

嫁「店員さんが一番可愛いと思うやつ、どれですか?」

 

俺「( ゚д゚)・・・えっと・・・」

 

俺「お客様はお顔が小さくていらっしゃるので

細めのフレームにされると輪郭のラインも・・・略・・・

こちらのフレームはいかがでしょうか?」

嫁「うわぁ・・・メガネッ娘って感じですねぇ(笑)」

 

俺「( ゚д゚)・・・・」

 

俺の勧めたフレームを楽しそうに試着するのが

えらい可愛くて、思わず呆気に取られた。

そして惚れた。

 

都会には天然モノの小悪魔がいます( ;∀;)

 

からかっているわけでも、ふざけてるわけでもなく

ナチュラルにこういう無防備な感じだったんで

俺としてもついついサービス精神を発揮してしまった。

 

そのうち通学途中の嫁さんと

時々、店の前で立ち話とかするようになったりして。

 

うちの店、駅前だったからさ

たまたま会えて話した日は

一日中嬉しかった。

 

控えめに考えて少なくとも

嫌われてはいないんじゃないかと思いはするものの

 

年齢差や条例やその他諸々が心配になってしまい

会えた話せたと、日々ささやかに喜びつつ

 

いつまでたっても関係を

進展させられないという客観的に見て

 

気持ち悪い状態が続いたある日

嫁さんが友達を連れて来店した。

次のページへ

コメント

\ 気軽にコメントしてね /