【※感動※】18歳まで真実は知らなかった。俺の命は、女子高生に庇ってもらって守られた命だった。

18歳まで真実は知らなかった。
俺の命は、女子高生に
庇ってもらって守られた命だった。

毎年7月18日
父は毎年仕事を休む。
母は、美しい花を買って
二人でどこかに出掛ける。

どこへ行くんだ?と聞いても
ちょっとねとお茶を濁す。

礼服に着替えて
不思議な1日が
毎年続いていた。

そんな俺も、もう高校3年生。

なんとなく教師になりたいと
夢を持っていたけど
家にはお金がない。

親には意地でも
国公立に行けと言われている。

しかし、今日も希望校への
判定はD。

むしゃくしゃして
リビングで父のタバコを
1本拝借。

火をつけた瞬間
母が帰ってきた。

最悪のタイミング・・・。

次のページへ

コメント

ジェンミちゃん☆ 2293: [火暴笑] 2018.05.07 00:47

火暴笑ぺぺぺwwwWWWwwWW
7/18=0.388888…
人生1,000年の時代ゎもぉ遠ぃくなぃた”ヵらネ。,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
ハハッハハハハハハハ八88888。。。。。。……,,,,

返信