【※驚きの事実※】誰もが知ってる民謡「線路は続くよどこまでも」の歌詞の本当の意味がヤバすぎた!!

誰もが知ってる民謡「線路は続くよどこまでも」の
歌詞の本当の意味がヤバすぎた!!

子供の頃

子供の頃「線路は続くよどこまでも」という歌を聞いた覚えはありませんか?

歌詞を見たら思い出すかもしれません。

↓これが歌詞です。

1番
 線路はつづくよ どこまでも
 野をこえ 山こえ 谷こえて
 はるかな町まで ぼくたちの
 たのしい旅の夢 つないでる

2番
 線路はうたうよ いつまでも
 列車のひびきを 追いかけて
 リズムにあわせて ぼくたちも
 たのしい旅の歌 うたおうよ

 ランラ ランラ ランラ
 ランラ ランラ ランラ
 ランラ ランラ ランラ
 ラン ラン ラン

 ランラ ランラ ランラ
 ランラ ランラ ランラ
 ランラ ランラ ランラ
 ラン

※1番から繰り返し

実は

こちらの歌詞日本語で書かれていますが、
元々歌詞は英語で、
アメリカの民謡だったのです!

それが日本に伝わり日本語の歌詞ができた後に日本語版が普及しました。

しかし、英語の歌詞の意味と日本語の歌詞の意味は全然違ったものだったのです!

そうせざるを得なかった驚きの理由がこちら!

次のページへ!

\ 続きはこちらから /
次のページへ

コメント

Nega♪ 2018.05.06 10:30

怖すぎる(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

返信
2018.07.22 23:06

こどもです、みちゃったWWWW

返信