【※1%の奇跡※】生まれたばかりの赤ちゃんが握っていたもの!!こんな奇跡が起こるとは・・・

生まれたばかりの赤ちゃんが握っていたもの!
海外で大きく反響を呼んだ奇跡の画像です。

1%の奇跡!

妻であるルーシー・へレインと夫は
2人の子供に恵まれたので夫婦で話し合って子作りを終えようと決めました。

二人が選んだ避妊方法は
妻のルーシーの体内に装着するIUD(子宮内避妊器具)。

子宮内でホルモンを放出し避妊効果を発揮するものです。

医師の説明ではIUDは5〜10年は効果が続くこと
避妊成功率は99%になるとのことでした。

そんな夫婦の間に1%の奇跡が起こりました!

夫婦の間に

避妊具をつけてわずか4ヶ月後、
なんとルーシーが妊娠していることが発覚したのです。

夫婦は予想外の妊娠に驚いたそうです。

ルーシーはこう語ります。

「検査を受けにいったときは数週間目だと思っていたのですが、
すでに18週目に入っていることがわかりました。

それと超音波でいくら調べても
私のミレーナ(ホルモンタイプの子宮内避妊器具の名称)
が見つからなかったんです。

担当医には何らかの理由で子宮から出てしまったのでないかと言われましたが、
その見解に私は納得していませんでした。」

生まれたばかりの赤ちゃんが握っていたものとは?

生まれたばかりの赤ちゃんが握っていたもの!

家族にとってサプライズベビーとなった赤ちゃんは
デックスター・タイラーと名付けられ
春に帝王切開で生まれました。

Lucy Tylerさん(@curlykittycrochet)がシェアした投稿

デックスター・タイラーは元気一杯に生まれてきました。

さらに驚くべきことに赤ちゃんに栄養を送り続けていた胎盤の後ろから、
無くなっていたはずの避妊器具が出てきました。

デックスターのそばにずっと避妊具があったのです。

Facebookで話題になり7万回を超えるシェアに。

\ 続きはこちらから /
次のページへ

コメント

\ 気軽にコメントしてね /