【※体験談※】「ね、もう一回ちゃんとして・・・」幼なじみへの気持ちに気づいてしまった私は・・・

「ね、もう一回ちゃんとして・・・」
幼なじみへの気持ちに気づいてしまった私は・・・

幼馴染が彼氏なんだけど

幼馴染との昔のエピソードを語りたいと思います。

小学6年の春

小学6年の春に転任してきて私のクラスの担任になった先生は かなりのバスケ好きで すぐにバスケットボールクラブの監督兼責任者になりました。

当時すでに身長が168センチあった私は目をつけられ半ば強制的にバスケットボールクラブに入部させられてしまいました。

元々スポーツは大の苦手で、外より家の中で遊ぶことの方が好きだったし、背が高いことだってコンプレックスだったくらいなのに気の弱かった私ははっきり断ることが出来ませんでした。

やがて2.3ヶ月もすると

「あんたヘタすぎっ!」

「背が高いだけでバスケしてるくせに!」

「先生も背が高いってだけでなんであんたなんか使うのっ!」

私がゲームに出るときベンチに下げられた子やその子の友達とかにいろいろ言われはじめ, そのうち先生がいないと毎日のように文句を言われるようになりました。

自分でも他の子が出た方がいいといつも思ってたのに先生は背の高い私を優先して使いました。

母に相談しても「頑張って上手くなって見返してやれ」だし先生には告げ口みたいになるので相談出来ませんでした。

そんなある日、またいつものようにみんなに文句を言われている時でした。

\ 続きはこちらから /
次のページへ

コメント

\ 気軽にコメントしてね /