【※閲覧注意※】俺「急に降り出しましたねー」老人「ずっと降ってるよ」俺「??…バイクだから帰れないんすよ」老人「可哀想に。帰れないね」

俺「急に降り出しましたねー」
老人「ずっと降ってるよ」
俺「??…バイクだから帰れないんすよ」
老人「可哀想に。帰れないね」

3年くらい前の夏、ツーリングで岐阜の山の中走ってた時の話。

それまで晴れてたんだけど急にポツポツ降りだして来て、
たまたま休憩所というか駐車場みたいな場所が
あったから休憩がてらに寄った。

そこは駐車場とトイレと、休憩所みたいな
木製の屋根とテーブルとベンチがある場所があった。

トイレで用を足していたら雨が凄くなってきて雷も鳴り出して、
いつ雨が止むかわからないし、
レインコートを着て様子を見ようと思った。

着替えるのにテーブルの上に荷物を置いて
ごそごそレインコート取り出して、
ふと見るとベンチに老夫婦が座ってた。

今までいなかったのにいつ来たんだ?

と思いながらも雷雨がいつ止むのかのほうが俺には重要だった。

着替えて5分くらい空を見てたんだけど、老夫婦はその間無言。

居心地が悪いし俺のほうから挨拶がてら
「急に降り出しましたねー」と声をかけた。

老夫婦は俺の言葉に顔を見合わせてから、
爺さんのほうが「ずっと降ってるよ」と答えた。

今降り始めたばかりなのに何言ってんだろ、
と思ったけど顔合わせないように空を見ながら

「バイクだし早く止んでくれないと帰れないんですよー」

と返した。

すると爺さんは2秒くらい間をあけて

「そうだね、可哀想に帰れないね」とか言った。

そこでアレ?と思って老夫婦のほうを見たら居ない。

辺りを見回しても居ない。

あ、これヤバイ奴かも・・・

と思って立ち去ろうとしたら遠くで怒鳴り声が聞こえた気がした。

こでプツっと意識がなくなったんだけど、

ハッと目が覚めたら30代くらいのお兄さんが

俺の肩を揺らして「大丈夫か?大丈夫か?」ってやってた。

\ 続きはこちらから /
次のページへ

コメント

\ 気軽にコメントしてね /