【※捉え方の違い?※】40代「今の若者はやる気がない」「最近の若者は・・・」それに対して若者も猛反発!「今どきの中高年は若者をうまく使えない無能が多い!」決着はつくのか!?

40代「今の若者はやる気がない」「最近の若者は・・・」
それに対して若者も猛反発!「今どきの中高年は若者をうまく使えない無能が多い!」
決着はつくのか!?

「最近の若者はやる気がない」という言葉

小学生の頃は「もう、小学生なんだからきちんとしなさい!お兄ちゃんでしょ!」

中学生になったら、「いつまで小学生みたいに遊んでるの!」

・・・こんな感じで理不尽な怒られ方を経験したことはありませんか?

年齢層でくくって上から好き勝手に怒る理由をつける、
これはあまりいい怒り方ではありませんね
小さいころはそれを受け止めていましたが、
大人になってみると、つくづく実感します。

でも、大人になりたての若者にはまだ、上の世代がいるんですよねw

古今東西、いつの時代も若者は年上の人たちからダメ出しされるものです。

「最近の若者は…」と、このようなセリフを聞くと、愚痴が始まった、と思ってしまう

最近の若者は…という言葉をテレビ番組でよく聞くのですが、最近の若者はそんなに駄目なんですか?

「最近の若者は・・・」というフレーズ、意外とよく耳にしますよね。

実は、

40代の4割が「最近の若者はやる気がない」と思っているみたい

「今の若者はやる気がない」と思う40~49歳の大人世代が約4割を占め、その一方でそうした見方に若者世代はイライラしている

今どきの若者は「やる気がない(気無力)」「低体温」等と言われることについて、どう思いますか?との質問には、大人世代の41.3%が「そう思う」と答えました

40代が10代や20代の若者と接する機会と言えば、自分の子ども、学校教諭、職場の後輩や部下です。「今の若者」と、「昔の若者」「自分が若い頃」を比べた印象なのでしょう。

しかし、これらにたいして、様々な反発する意見や、考察が

年長者には「若者はいつでもやる気いっぱいで、なんでもハツラツと頑張るべき」という思い込みや期待があるのかもしれません。

若者だってやる気が出ないときや、分かりやすい”やる気”を表に出せない人もいます

もしかしたら「自分だけやる気を出すのは空気を壊す」という感覚が彼らにはある

現代は分かりやすい「やる気」を表現するのが出来にくい時代になっています。

「今の若者をどう思うか」という質問はちょっとフェアじゃありません。昔の話を持ち出せば、若者は経験していないのですから評価は一方的になってしまいます

そもそも質問がおかしいのではないか?

確かにそうかもしれません。

次のページへ

コメント

名無しのふぁいやー 2018.06.23 20:34

何時の時代だって老人や年中者は若者を罵り、下に見てきたけど逆もしかり、何時の時代だって若者は老人や年中者を罵り、下にみてきた。どの世代の人ももっと頭働かして謙虚さとハングリーさをちょうどいい割合で持っておくべきだと思う。そのためには学校や若い間にそのちょうどいい割合をまなんでおくべき。

返信