【※クレヨンしんちゃん※】「とうちゃん!かあちゃんが!」倒れたみさえを抱え病院に駆け込むと・・・

「とうちゃん!かあちゃんが!」
倒れたみさえを抱え病院に駆け込むと・・・

いつもと変わらぬ野原家

野原家

ローンが35年残ったいつもの一軒家

いつものように幼稚園バスが前に止まる

「かあちゃんおかえり~!!」
 
しんのすけがいつもの挨拶で帰ってくる
 
「帰って来たらただいまでしょ!」

いつものみさえのお叱り

「かあちゃんおつや~」

「帰ったらまず手を洗ってうがい!」
 
「昨日やったもん!」
 
「おバカ!早くしなさい!」
 
「んも~、我が儘なんだからぁ~」
 
「ママはお洗濯干してくるからその間にうがいと手洗いしなさいよ!」
 
「ホイホ~イ」
 
みさえが庭へ出ていく
 
「妖怪ケツデカオババはうるさいぞ…」
 
ぼそっと呟くしんのすけ
 
「しんちゃ~ん…ちゃんと聞こえてるわよ~…?」
 
みさえの鋭い眼光がしんのすけに突き刺さる

次のページへ

コメント

\ 気軽にコメントしてね /