【※年下の母親※】父の再婚相手は私より年下…私「あなたは私よりも年下なんだよ?なにも思わないの?」→一緒に暮らすようになってから再婚相手は驚くべき行動をとるようになる・・・

 私と彼女が出会った場所は喫茶店だった。
 もちろん、その場には父もいた。

「どうもはじめまして」

 私の母親になる女が頭をさげる。
 明るい髪が肩からすべりおちて、甘ったるいにおいがした。
 その女の見てくれは、いかにも女子大生といった感じだった。

「先生から話は聞いてます。私はカホって言います」

 先生……父のことだ。私の父は大学教授をしていた。

「見てのとおり、カホはお前より年下だ。
 だけどお前の母親になる女性だ。
 最初は戸惑うこともあるだろうが、大丈夫。すぐ慣れるさ」

 私はなにも言えなかった。
 カホという女が理解できなかった。

 なぜこの女は、こんなろくでもない父親と結婚したいと思うのか。

 このことに関しては、今でも知らない。
 そして、一生知ることもないと思う。

 私の本当の母が死んだのは一年前。事故死だった。

 母と父の関係は、はっきり言って最悪だった。
 ふたりが家にいるだけで空気は張りつめ、肌に突き刺さった
 父と母が口をきくのは、口論のときだけ。

 母の死が悲しかったのはまちがいない。

 だけど安心もしていた。

 住人がひとり欠けたことで、私の家は平穏になったのだから。

 もっとも。私の家は新しい母親によって、ゆがんでいくことになる。

 喫茶店で会ってから一週間後には、カホは我が家に住むようになった。

「最近はユイちゃんの味の好みもわかってきたつもりだけど、どう?」

 カホの質問に私は「うん」とだけ答えた。

 カホがこの家で寝泊りするようになって一ヶ月。
 このわずかな期間に彼女は、私の好みを正確に把握していた。

 私の予想とは裏腹に、彼女は良妻と言っていい働きをしていた。
 家事はきちんとやるし、気配りも申し分ない。
 大学生活と主婦業をきちんと両立させていた。

「本当に? なんだか歯切れが悪いけど」

 カホの言葉に私は首をふるだけで答えた。

前のページへ 次のページへ

コメント

名無し 2018.10.24 18:12

いやレミって誰や。カホどこ行った。

返信
名無しさん一号 2018.10.24 18:21

レミって誰?

返信
名無し 2018.10.24 18:24

なにこれめっちゃ複雑やな

返信
名無し 2018.10.25 17:34

え、続き聞きたい

返信
名無し 2018.10.25 17:43

んんー。。なんか変な話だなぁ笑
これ本当の話なの??なんか所々文字がおかしかったりするし…。

返信