「ドクターX」モデルの医師 余命1年で肝臓移植手術を担当

  • 「ドクターX」のモデルとなった医師による、患者を救った言葉を取り上げた
  • 「みんな元気になって帰っているから、ご主人は絶対大丈夫です」と医師
  • 「そのひと言にどれだけ救われたかわかりません」と患者の妻が話している

余命宣告された患者の最後の砦となり、1000人以上の命を救ってきた移植外科医の加藤友朗さん(53才)。現在、ニューヨークを拠点に、世界的に有名な移植外科医として活躍中だ。ドラマ『ドクターX』(テレビ朝日系)のモデルになり、現代の『ブラック・ジャック』ともいわれている。そうしたイメージから想像もつかないほど、親しみやすくて明るい。「どんな病状の患者さんが来ても絶対に“NO”とは言わない」と言う加藤さんは、患者にとって、どんな医師なのか。加藤さんと、その患者さんに話を聞いて見えてきたものは――。

福岡で会社経営をする因間利休さん(63才)は、2012年に肝臓がんで「余命1年」と宣告された。家族は、アメリカでの肝臓移植へと踏み切った。妻の富美子さん(60才)は言う。

「夫は根っからの九州男児で、一度、決めたら譲らない。英語もできないし、まさかこの年で、ニューヨークに行くなんて…それでも夫を助けてほしい。加藤先生を頼り、2人で渡米しました」(富美子さん)

移植手術は緊急性を要する患者から優先的に行われる。アメリカは提供者が多いとはいえ、自分の臓器に合ったドナーがすぐに現れるとは限らない。因間さん夫妻は2012年7月に渡米、ドナーを待つ間、利休さんは多発性がんを新たに発症、肺炎、肺気腫、糖尿、感染症、さらには骨折まで、どんどん容体は悪化していった。

「夫は歩くのもやっと。現地のドクターたちが“もう無理だろう”“あと2週間…”と陰で話しているのも聞きました。看病している私も精神的にまいってしまい、最後はストレスのせいか、目がまったく見えなくなる日がありました」(富美子さん)

この頃、すでに約11か月が経っていた。不安が募る中、加藤さんの言葉がふたりを支えた。

「みんな元気になって帰っているから、ご主人は絶対大丈夫ですよ。ダメだったかたは1人もいません」(加藤さん)

「先生のそのひと言で、心に刺さったとげが抜けるようにスーッとラクになりました。先生は患者の家族の心のサポートもしてくれる。知らない土地で、そのひと言にどれだけ救われたかわかりません」(富美子さん)

2013年6月、12時間におよぶ肝臓移植は成功した。夫の利休さんは笑いながら言う。

「先生と会ってなかったら、もうこの世に自分はおらん。あとの人生はまるもうけや。毎日、感謝です」(利休さん)

伊葉さん一家は、移植手術に至るまで、父と娘、それぞれの葛藤があった。2006年、大阪府の会社経営・伊葉功二さん(73才)は、肝臓がんで余命1年と宣告された。3人娘の1人、陽子さん(36才)だけが、父への臓器提供ができると診断された。

当時、陽子さんは独身の26才だった。肝臓を提供しても子供を産めるか移植コーディネーターに尋ねたところ、こう言われた。

「産んでいる人もいます」
「産めなくなった人もいるのかな…と複雑な気持ちでした」(陽子さん)

父を助けたいと思う一方で、陽子さんは肝臓の提供をすぐに決断できなかった。そんな時、テレビで加藤さんの移植手術の報道を見る。

「この先生なら、父を助けてくれるかもしれない」

陽子さんは、加藤さんに連絡をとった。有名な先生だし、読んでもらえないかもしれない──メールだけでは心配なので、〈どうか先生、とにかく父を助けてください…〉と、手紙も書いた。

それから3日後、加藤さんから「ぼくが助けます。お父さんのアメリカでの移植を考えてください」と、長いメールが届いた。父親を加藤さんのもとに連れて行ったとき、陽子さんは、加藤さんからこんな言葉をかけられた。

「女性の肝臓は小さいから、お父さんにはあげられなかったよ」
「“娘の肝臓をもらうくらいなら死んだ方がいい”と言う父に対し、子供は産めなくなるかもしれないけど、自分の臓器を分ければ、父は助かるかもしれない…。ずっとそんな葛藤がありました。もしかしたら先生の言葉は嘘だったのかもしれない。今もそれはわからないけれど、この言葉で私は救われたんです」(陽子さん)

伊葉さん一家は移植を決意。渡米4日後、すぐにドナーが現れた。

「今年、私は子供を産みました。あの時、先生に助けてもらっていなければ、今頃どうなっていたのか…この子に出会えて、母になることができて、本当によかった。元気な父に息子を見せることができ、とても幸せです」(陽子さん)

息子を抱きながら陽子さんは優しく微笑んだ。その隣で、功二さんも笑っていた

関連記事

コメント

    • 名無しさん
    • 2017年 2月 05日

    すげー

  1. この記事へのトラックバックはありません。

本日の人気記事

  1. 【※驚愕※】隣人の女の子(6)「結婚しよー」俺(15)「10年経ったらなw」10年後、ありえない結末に・・・
    【※驚愕※】隣人の女の子(6)「結婚しよー」俺(15)「10年経ったらなw」10年後、ありえない結末に・・・
  2. 【※すれ違い】両想いのカップルが別れてしまった原因が悲しすぎると話題に・・・ その原因は信じられないものだった・・・
    【※すれ違い】両想いのカップルが別れてしまった原因が悲しすぎると話題に・・・ その原因は信じられないものだった・・・
  3. 【※衝撃※】みんな気をつけて!写メ交換しよ?と言った結果・・・送られてきた写真がトンデもなかった・・・
    【※衝撃※】みんな気をつけて!写メ交換しよ?と言った結果・・・送られてきた写真がトンデもなかった・・・
  4. 【※驚愕※】二次元が完敗・・・!?あまりにも可愛すぎるマック店員がヤバすぎる!これぞマックの女神や・・・
    【※驚愕※】二次元が完敗・・・!?あまりにも可愛すぎるマック店員がヤバすぎる!これぞマックの女神や・・・
  5. 【※画像あり】高校野球中継でチアリーダーと男子生徒がトンデモないことをしていると話題に! これはダメでしょ・・・
    【※画像あり】高校野球中継でチアリーダーと男子生徒がトンデモないことをしていると話題に! これはダメでしょ・・・
  6. 【※驚愕】全くかまってくれない母に息子が取ったまさかの行動がヤバすぎる・・・ これは恥ずかしい・・・
    【※驚愕】全くかまってくれない母に息子が取ったまさかの行動がヤバすぎる・・・ これは恥ずかしい・・・
  7. 【※感動】寝たきりで学校に通えなかった女の子が亡くなった。その女の子の連絡帳に書かれていた言葉に涙が止まらない・・・
    【※感動】寝たきりで学校に通えなかった女の子が亡くなった。その女の子の連絡帳に書かれていた言葉に涙が止まらない・・・
  8. 【※衝撃】100kgあった女子高生が40kgまで減量してとんでもなく可愛くなったと話題に!! これはすごいな・・・ 
    【※衝撃】100kgあった女子高生が40kgまで減量してとんでもなく可愛くなったと話題に!! これはすごいな・・・ 
  9. 【※究極の選択※】「海で溺れている恋人と親友、どちらを助けますか?」に対する正解の回答がついに判明!あなたならどうする!?
    【※究極の選択※】「海で溺れている恋人と親友、どちらを助けますか?」に対する正解の回答がついに判明!あなたならどうする!?
  10. 【※驚愕※】本当にあった驚きの実話!実の妹を妊娠させた兄。家族が反対した結果・・・
    【※驚愕※】本当にあった驚きの実話!実の妹を妊娠させた兄。家族が反対した結果・・・
  11. 【※恐怖※】カップルは気をつけて!キスした直後に彼女が急変・・・救急車を呼ぶが間に合わず・・・その驚愕の理由とは・・・
    【※恐怖※】カップルは気をつけて!キスした直後に彼女が急変・・・救急車を呼ぶが間に合わず・・・その驚愕の理由とは・・・
  12. 【※驚愕※】いま話題の美女!この美女がなぜ話題になったのか?そこには衝撃の真実が・・・
    【※驚愕※】いま話題の美女!この美女がなぜ話題になったのか?そこには衝撃の真実が・・・
  13. 【※驚愕※】凄すぎる!!まるで教科書!高1の子が授業中に書いたノートのレベルが高すぎたw
    【※驚愕※】凄すぎる!!まるで教科書!高1の子が授業中に書いたノートのレベルが高すぎたw
  14. 【※画像あり】あまりに可愛すぎて「女神すぎ!」と言われる女性が話題に!! これはヤバい・・・
    【※画像あり】あまりに可愛すぎて「女神すぎ!」と言われる女性が話題に!! これはヤバい・・・
  15. 【※動画あり】バイクを盗もうとした人を‟銃で撃ち殺す”映像が話題に・・・ これはヤバい・・・
    【※動画あり】バイクを盗もうとした人を‟銃で撃ち殺す”映像が話題に・・・ これはヤバい・・・
ページ上部へ戻る