【※クレヨンしんちゃん※】しんのすけがシロと家出…シロ「クゥーン……」(しんちゃん、どうしたの?)→しんのすけとシロが辿り着いた先で待っていたのは・・・

しんのすけがシロと家出…
シロ「クゥーン……」(しんちゃん、どうしたの?)
→しんのすけとシロが辿り着いた先で待っていたのは・・・

しんのすけがシロと家出をしてしまう

しんのすけ「シロ!家出するゾ!」シロ「クゥーン……」

とある日の昼下がり、しんちゃんは、突然僕にそう言ってきた。

でもまあ、それはいつものことだからなぁ。しんちゃんがこう言いだすのも、何度目か分からない。

どうせまた、お父さんかお母さんとケンカしたのだろう。

……でも、この日のしんちゃんは、いつもとは違っていた。

柔らかい表情じゃなくて、とても、真剣な顔をしていた。でもどこか、とても悲しそうだった。

よく見れば、パンパンに膨れた、いつものリュックサックを背負ってた。

「クゥーン……」
(しんちゃん、どうしたの?)

「おおシロ!一緒に行ってくれるか~!」

しんちゃんは僕を抱きかかえて頬擦りする。

「キャンキャン!キャンキャン!」
(違うよしんちゃん!違うから!)

「うんうん!そうそう!すぐに、出発するゾ!!」

次のページへ

コメント

匿名 2018.09.28 21:43

すんごい久しぶりに気持ちいいSS見た気がする

返信
    2018.11.12 09:13

    それわかる

    返信
名無し 2018.11.17 16:27

泣けた

返信
名無し 2018.11.18 13:20

まじ最高!

返信