【※クレヨンしんちゃん※】しんのすけのいない夏…ひまわり「アタシ、お兄ちゃんの記憶がほとんどないんです……」 風間「まぁ、君は小さかったからね……」 →十数年前に起こった悲劇・・・

しんのすけがいない…
ひまわり「アタシ、お兄ちゃんの記憶がほとんどないんです……」
風間「まぁ、君は小さかったからね……」
→十数年前に起こった悲劇・・・

しんのすけに一体何が・・・

青年は使い古された座布団の上に正座している。

おろしたてのスーツに身を包み、お茶を出すというその家の母親の申し出を丁寧に断り、
夫婦が寝室として使っている部屋の一角に置かれた仏壇をじっと見つめていた。

ひざの上に置いた拳を軽く握り締めると、風間は口を開いた。

「しんのすけ、僕たちはこの春から大学生になるんだ。もう車の免許だって取れちゃうんだぜ」

彼の口調は幼稚園の時とほとんど変わっていない。

ただ少し、お高いプライドを振りかざすようなとげのある喋り方ではなくなった。ホンの少しだけだが。

「ボーちゃんは北海道の大学で農業を勉強するんだ。”これからの時代は農業がくる”んだって。
 ネネちゃんは服飾の専門学校。まさお君は一浪してなんとか国立大学に入るってさ」

仏壇に置いてある写真の中で彼は屈託のない笑顔をしている。

僕達はこれからもずっと一緒にいるんだろうなぁと信じて疑わなかった頃の写真だ、と見る度に風間は思う。

「僕は東京の一流大学さ。……推薦では落ちたけど、まぁ普通に受験しても僕の頭じゃ受かるんだけどね。だからな、東京の大学に行くから、僕引っ越すんだ。東京で一人暮らしだよ。お金はママが仕送りしてくれるからいいんだけど、ここに来られるのは夏休みと冬休み、それと春休みぐらいしかないんだ」

風間は月に一度、必ずここに来ていた。

次のページへ

コメント

匿名 2018.09.01 07:54

こここここ

返信
ボスゴリ君2 2018.09.01 15:00

やべぇ、しんちゃんヒーローだ(泣)
8888888888888888888

返信
匿名 2018.09.02 07:06

普通に泣けたわ

返信
匿名 2018.09.02 10:50

普通に涙流してた

返信
名無し 2018.11.18 00:30

気がついたら号泣してた…
しんちゃん大好きになった。
なんていいお兄ちゃんなんだろう……
思い出すだけでも泣けてくる……

返信