【※不思議な話※】「母に会いたい…」押入れの異空間から “死んだ母親” に何度も会いに行っていた友人、その悲惨な末路が…

「母に会いたい…」押入れの異空間から “死んだ母親” に何度も会いに行っていた友人、
その悲惨な末路が…

アラフォー俺の氏んだ幼馴染の話 

友人とは近所で同い年なので物心着いた頃から家族ぐるみで仲が良かった

中学の時に友人の母親が病気で亡くなった

友人はマザコン?!ってくらい母親と仲が良かったので凄く落ち込んでた

本当に一言も喋れなくなって学校にも来なくなったくらいだった

その年の夏休みにその友人が失踪した

捜索隊も結成されて俺も参加し友人を探したが結局見つからなかったが、その数日後に中学の教室で一人で座ってるところを先生に保護された

友人は頑なにどこで何をしていたか言わなかった

新学期から友人は少しづつ明るくなって普通に登校する様になって
俺たちは同じ高校に進学した

普通に高校生活を送ってたけれど、友人は時々学校を休んだ

友人の親父さんに聞くと、家にはいない家出でもしたんだろうか?

なんて最初は言ってたけど普段の素行は普通だし
数ヶ月に一度はいなくなるのでそのうち俺も気にしなくなった

昨日どこ行ってたんだよ?と友人に聞いてもいつも笑ってごまかされたし
親父さんも理由は知らなかったし、深く聞く事はしなかったそう

俺たちは大学に進学した

学部は違うけど家から通える同じ大学で友人関係は続いてた

そして学校で姿を見ない日があるのも続いてた

学部も違うしその時はあまり気にしてなかったけど
お互いサークルに入るわけでもなくのんべんだらりと大学生活を送ってた

次のページへ

コメント

\ 気軽にコメントしてね /