【※みんなに知ってほしい※】1歳児の体に閉じ込められた17歳の少女の人生。生きていることの有り難さを考えさせられる・・・

次々と襲ってくる感情の波

ペイ・シャンの両親は

「1つのハードルを越えると

すぐにまた目の前に壁が立ちはだかり、

ジェットコースターのような

苦しみと感情の波を経験した」

と語っています。

赤ちゃんの誕生を心待ちにしていた両親にとって

幸せが絶望に変わったと感じた瞬間もあったそうです…。

酸素マスクが必須

ペイ・シャンの顔や体には

乳児脂肪がついたままでオムツも必要でした。

また肺の機能が限られていたために

常に酸素マスクは欠かせませんでした。

そのため、ペイ・シャンの母親は彼女の酸素マスクが

正常に機能しているか音にとても敏感になっていました。

ペイ・シャンが2歳になったとき、

両親は特別学校に通わせようと試みました。

でもペイ・シャンは屋外に出た途端、

複数の感染症を患ってしまったのです。

さらに人前に出た時には

周囲の人たちから好奇の目で見られました。

前のページへ 次のページへ

コメント

\ 気軽にコメントしてね /