【※文芸部※】男「ダメですね。今年も、先輩と二人きりになりそうです」→文芸部の先輩と男の日常・・・

男「ダメですね。今年も、先輩と二人きりになりそうです」
→文芸部の先輩と男の日常・・・

文芸部の部室

男「…………」カリカリ

先輩「やっ」

男「……あ、先輩。お疲れ様です」

先輩「どうもどうも、お疲れ様。それで、どう?」

男「ダメですね。今年も、先輩と二人きりになりそうです」

先輩「あ~やっぱりか~。今年こそは新入部員入ってくるの期待してたんだけどな~」

男「しょうがないですよ。元々文芸部なんてそんなものです」

先輩「まぁ、そうだよねぇ」

男「運動できる人は運動部に行きますし、できない人にだって文化部を選ぶ権利があるわけです」

先輩「ワープロ部、将棋部、囲碁部、あと吹奏楽部と……。他になんかあったっけ?」

男「演劇部写真部美術部放送部ですよ。まったく、私立みたいに人がたくさんいるわけじゃないのに部活だけは多いんだから」

先輩「勧誘は?」

男「一応やったはやったんですけど……どんな反応されたか聞きたいですか?」

先輩「一応聞いておこうかな」

男「『え、この学校文芸部なんてあったんですか!?』とのことです。どうやら僕たち、存在すら認知されていないみたいです」

次のページへ

コメント

\ 気軽にコメントしてね /