【※知ってほしい※】「視覚障碍者の見る世界」が一発で分かる画像。想像以上に怖すぎる・・・

「視覚障碍者の見る世界」が一発で分かる画像。
想像以上に怖すぎる・・・

視覚障碍者の見る世界

視覚障碍者とは、日常生活で不自由を強いられるほど

視力が「弱い」、もしくは「全く無い」人たちのこと。

しかし、視力が弱いと言っても、その症状は千差万別。

「焦点を合わすことが出来ない人」

「視界の一部しか見えない人」

「視界が常にまぶしく見えてしまう人」

「もやが掛かっているように見える人」

このように様々な症状が挙げられます。

そのような視覚障碍者はどのような世界が見えているのか。

街なかの標識や看板を作成している

株式会社石井マーク(@ishiimark_sign)」さんが周知を目的として

「視覚障がい者の見ている光景」を再現した画像を公開しました。

この画像を見ると驚くこと間違いなしです。

次のページへ

コメント

名無し 2018.11.13 21:52

こういうのを見ると、手助けしなきゃって思うな

返信
名無し 2018.11.17 10:07

障がい者を馬鹿にする人はほんと許せないよね
特に若い人とか苦労を知らない人が多い

返信
名無し 2018.11.21 15:24

こんなに怖い世界を生きているのに、周囲の人は、助けてあげないほうが、多い。
おかしい
少しでも多くの人に、知ってほしい、
困っている人がいたら助けなければならない

返信