プレゼント企画実施中! >>

【※都市伝説※】崖の上のポニョは、「死後の世界」が舞台と言われていますが…その真相がこちら!

崖の上のポニョは、「死後の世界」が舞台と言われていますが…
その真相がこちら!

崖の上のポニョ

ジブリのヒット作のうちの一つである崖の上のポニョですが、
どんなストーリーだったか覚えていますか?

あらすじ

魚の女の子ポニョは、海の女神を母にもち、魔法使いの父に育てられている。

ある日、家出をして海岸へやってきたポニョは、空き瓶に頭が挟まっていたところを、保育園児の宗介に助けられる。宗介は魚のポニョが好きになり、ポニョも宗介が好きになる。

ところが、娘がいなくなったことに気づいた父により、ポニョは海底に連れ戻されてしまう。
ポニョの父は、海底にある家の井戸に、”命の水”を蓄えていた。

その井戸が一杯になると、忌まわしき人間の時代が終わり、再び海の時代が始まるのだという。

ポニョは、宗介に会うために家から逃げ出そうとして、偶然に、その井戸へ海水を注ぎ込んでしまう。

すると命の水はポニョの周りに溢れ出し、ポニョは人間の姿へと変わる。

強い魔力を得た彼女は激しい嵐を呼び起こし、津波に乗りながら宗介の前に現れて、宗介に飛びついて抱きしめる。宗介は、女の子の正体が魚のポニョであるとすぐに気づいて、彼女が訪れたことを嬉しがる。

主な登場人物

ポニョ

フジモト【人間】とグランマンマーレ【海の女神様】の子供

ポニョは最初、魚の姿だが
後で人間に変身できる

人間の姿、可愛すぎw

フジモトとグランマンマーレの娘。外界に強い興味を持ち、フジモトの目を盗んで家出を試みるが、頭がジャムの空き瓶に嵌って困っていた所を宗介に助けられ、ぽにょっとした体型から「ポニョ」と名付けられる。

当人はいたく気に入った様で、以後はこの名で通している。

トキからは「人面魚」と呼ばれる。宗介の血液(傷口)を舐めて半魚人になる力を得、一度はフジモトに抑えられるが (グランマーレの血を引いているため魔力は強力で、
元に戻すために大きな力を費やした) 珊瑚の塔からの脱走の際に、深奥部の井戸の「生命の水」を浴びて、人間への変身が可能となった。魔法を使うと、体力を急激に消耗して半魚人に戻ってしまい眠ってしまう。

そんなポニョですが、
崖の上のポニョは「死後の世界」が舞台だったのではないかという都市伝説が存在することを知っていましたか?

今回はポニョを振り返って検証してみてたいと思います!

さっそく見てみましょう!

次のページへ
1 2 3 4 5

コメント

名無し 2018.12.23 20:10

あくまで都市伝説やしwww信じるかよばーかwww

返信
名無し 2018.12.24 08:28

なんか怖いというか美しいですね

返信
名無し 2018.12.24 16:14

あくまで都市伝説だからこそ信じるかどうかは個人の考えだからなぁ。信じない人がいても仕方ないことだとは思うけど頭の悪い低脳さんのコメントを見るとちょっと腹立ったかな。あ、私は信じてみる派ね。

返信
名無しさん 2018.12.25 19:52

なるほどぉ〜?全然知らんかった( ^ω^ )

返信
名無し 2018.12.31 09:31

信じるか信じないかはあなた次第

返信