【※泣いた※】家が貧乏で、初めてお年玉をもらった。私「失くしちゃった…号泣」→その後・・・

しかし、ある日その巾着をなくしてしまった。

巾着自体、小学校の友達が北海道土産にくれたもの。

巾着、千円、ポチ袋と、Aの当時の宝物三点セットをいっぺんになくしてしまい、

そりゃあもうパニクったそう。

とにかく、自分が歩いた道をくまなく探し歩いた。

しかし、みつからない。

気がつくと、遅い時間になっていた。

そういうとき、タイミング悪く雨とか降ってくる。

巾着は布製で、もし見つかったとしても、

三点セットはぐちゃぐちゃになってしまっているだろう。

Aは泣きながら家に帰った。

家に帰る道すがら、交番の前を通った。

傘も差さずに遅い時間、

とぼとぼ歩いている小学生に、

交番のお巡りさんが気づいて声をかけてきた。

「どうしたの?」

腰をかがめて聞いてくるお巡りさんに、

Aは感極まって号泣した。

お巡りさんは交番に彼女を入れて座らせ、

タオルを貸してくれ、

お茶をごちそうになった。

泣きやんだAにもう一度理由を聞いてくるお巡りさん。

彼女は切れ切れに、

宝物であるきんちゃくをなくしてしまったことを告げた。

お巡りさんはそれを聞くと、どんな巾着かと聞いてきた。

どうしてそこまで聞いてくるのかと思いつつ、

彼女は「キタキツネの巾着」と答えた。

そしたら、お巡りさんは満面の笑みをAにむけた。

そして彼は、「ジャッジャジャーン」

と口でファンファーレを言いながら、

机の上の箱からAの巾着を出してくれたそうだ。

Aが驚いていると、

近所のおばあさんが散歩中、

道に落ちていた巾着を拾って届けてくれたらしい。

おばあさん曰く、

「小さい子供にとっては、これが宝物かもしれないから」

まさにその通りだった。

Aは目の前にある巾着が信じられなくて、

また号泣してしまったらしい。

「それ以来、落とし物は交番に届けることにしてる」

Aはそう言った。

\ 続きはこちらから /
前のページへ 次のページへ

コメント

\ 気軽にコメントしてね /