プレゼント企画実施中! >>

【※爆笑展開※】中学の頃ヤクザをエアガンで狙撃したら大変なことになった・・・

今からあいつらをエアガンで撃つのかと思うと、
ニヤニヤが止まらなかった。

そして俺は、
威嚇射撃ということで車に向かい3発ほど撃ち込む。

パンッ!パンッ!パンッ!と乾いた音が鳴り響く。

アパートだったせいか、想像以上に音が響きテンパった。

BB弾は全てヤクザの車ボンネットに命中。

降りて来たヤクザが、
ボンネットの傷を確認するように手で擦りながらキョロキョロしていた。

俺はそれを見つつ、「ふほおおおおおおお!」と喜びぴょんぴょん跳ねていた。

3人ほど車から降りてきて、ボンネットの周りで何やら話している。

そして3人でキョロキョロして、そのうち1人がこのアパートを指を差した。

慌てて階段の陰に隠れる俺。そしてエアガンをリュックに詰め、
アパートから逃げ出すことにした。

駐輪場に停めてあった自転車に乗り、あえてヤクザの家の前を通って帰ることにした。

困ったような顔をするヤクザの横を、ニヤニヤしながら自転車で猛スピードで通り抜けた。

この時に俺は、ヤクザをエアガンで狙撃する快感を覚えてしまう。

翌日、学校が終わると俺はすぐに帰宅しエアガンを持ち、
またヤクザの家の前のアパートに行った。

昨日の経験を活かし、今度は車ではやくヤクザ本体を撃つ事を考える。

20mほど距離があったので、威力はさほど無いと考え、顔を狙うことを思いつく。


そしてまた階段の1番上に行き、階段の壁からヤクザの家を観察する。

顔を狙うとなると、一発で当てるのは難しいと思い、
俺は前から持っていたウージーというサブマシンガンで狙う事にした。

ウージーは昨日のガバメントより威力は劣るものの、一度に沢山弾がでるからだ。

そして俺はウージーを持ちドキドキしながらヤクザを待つ。

すると、ヤクザの家の玄関が開く。

何やら女の人が数人いて、談笑しているようだった。

俺はとりあえず、威嚇射撃としてガバメントで一発玄関に撃ち込んだ。

パンッ!と音が鳴り響き、玄関から女性が2人ほど外に出てきて、
キョロキョロ周りを見渡している。

「当たった!」と小さく声を出しガッツポーズをし、
階段の壁から目だけを覗かせ様子を見る。

女の人2人は、何があったかわからない様子で、また家の中に入っていった。

しかし今度は男の人が1人出てきた。

黒のスーツをきたイカつい男性だった。

絵に描いたようなヤクザだった。

そしてそのヤクザがしゃがみこみ、何かを拾った。

俺の撃ったBB弾だった。

これは予想外だった。

まさか犯行2日目で自分の武器がバレるとは思っていなかった。

そしてヤクザはBB弾をポケットに入れて、玄関に戻ろうとする。

何を思ったのか、俺はすかさずウージーを取り出し、ヤクザの後頭部めがけて発砲した。

前のページへ 次のページへ
1 2 3 4 5 6 7 8

コメント

名無し 2019.01.09 16:29

みんな誤解してるけど、極道は仲間殺されない限り一般人に手出ししないよ。

返信
名無し 2019.01.09 20:01

狙撃しよう!じゃあねえよww

返信
名無し 2019.01.09 20:01

狙撃しよう!じゃあねえよww
冷静に馬鹿なこと考えんナwww

返信