【※皆さんご存知※】サイゼリヤと俺の戦いの話を聞いてくれwwwwwwwww

冷静になった俺は最終戦のために残しておいた作戦を発動した。

「セルフサービスの水をもらいに行かない作戦」である。

だが、これは、自分にもデメリットを伴う。

喉が乾いていても、水が飲めないという点である。

あの水分を奪うドレッシングの攻撃をかわしつつ、サラダを完食しなければならないのだ。

オーダーの前に水を取りに行くというのも、考えたが、それはこの戦いのルールに反する。オーダーをしてからが勝負の始まりなのだ。

これは恐らく愛川・大場ペアも予想していなかっただろう。

これまで俺はこのような戦いを予想し、毎回のように水を取りに行っていた。

そんな俺が初めて水を取りに行かなかったのだから。

時は来た

――そして、時は来た。

運ばれてくるシェフサラダ。それを持つ大場さん。

そしてそれを見ている俺。

ささっ、とシルバーボックス(銀食器の入った箱)を俺の手の届きやすいところに置き、完璧な準備をして待つ。

一切油断はない。

「お待たせしました。シェフサラダでございます。」
テーブルにシェフサラダが置かれる。

俺は「ありがとうございます」と軽く会釈をしつつ、フォークを持ち上げながら、サラダと向き合う。

その瞬間、俺の脳内で衝撃が走った。

(いつもより…量が多いだと…?)

少しだけだが、ほんとに少しだけだが、量が多い。

よく考えれば、俺は、全従業員の内のホールに出ているスタッフの確認しか行ってこなかった。

今日に限ってサービス精神のある『キッチンの』従業員がいたとは…。

しかし、戦いは始まっている。

ここまでの思考は、わずか0.5秒(体感)のうちに終え、即座にサラダを食べはじめる。食べ始めればあっという間だった。

わざわざ腹をすかして店にきていることもあり、すぐにサラダは半分まで減った。

俺は、満面の笑みを浮かべ、しかし、食べる手を止めなかった。

まさに猛攻だった。

その時である。

?『失礼します。お呼びでしょうか。』

(なに!?…じゅ、従業員だと!?)

禁煙席に座った俺には見えなかった3人目の従業員がいた。

―――二十歳前後の新人女性アルバイターである。

\ 続きはこちらから /
前のページへ 次のページへ

コメント

\ 気軽にコメントしてね /