プレゼント企画実施中! >>

【※皆さんご存知※】サイゼリヤと俺の戦いの話を聞いてくれwwwwwwwww

(このタイミングでオーダーを取りに行く席を間違うだと?くそ!ありえない。こいつ、もしや、あの二人からの差し金じゃ…)
俺「あ…。(慌てて口を拭く)…こっちじゃないと思いますよー。」

新人「あ!すいません!失礼しました!」

俺「大丈夫ですよー。気にしないでください。アハ」

新人がこちらに背を向けると、すぐにフォークを持ち直し、サラダを食べ始める。

大幅な時間のロスが生じた。心の中は、焦りが支配していた。

短い会話だったが、人間として最低限の道徳心が働き、話す前に口を拭いたのがいけなかった。

その行為により、10秒ほど多く時間をロスしてしまった。

サラダを食べる焦りから、発狂する俺。

それを横からあざ笑うかのように見ている愛川・大場。と憎き新人アルバイター。

こいつらは、明らかに手を組んでいた(と思う)。

だが、俺も負けられない。この場面で意地を見せなければならない。

俺に残された秘策は出し尽くしてしまった。(まぁ、お冷のやつだけなんだけど)

あとは、俺の一番嫌いな根性論がものを言う状況になってしまった。

しかし、どうしようもない。

気合いで乗りきるしかないのだ。

ここまで勝つ算段を練っても、サイゼリヤはそれをいとも簡単に超えてくる。

全く恐ろしい店である。

―パスタの提供時間が迫る。

―サラダが減る。

ゴールが見えた!

俺は最後の一枚をフォークで突き刺す!


今までの絶望が徐々に勝利への期待へ変わっていく。

邪魔をする者は誰もいない。なにが起きようとこれを食べきれば正真正銘の勝利。

「失礼します。トマトクリームスパゲティでございます。」

邪魔された。期待も絶望に戻った。

背後から料理を持ってきた従業員に俺は気づかなかった。

ゆっくりと従業員を見る。そこに立っていたのはさっきのバイトだった。

トン、とあっさりとテーブルに乗せられた「それ」は、俺の思っていた色とは違った。

オーダーをする前には、勝利の祝いにふさわしい『紅白の赤』色であったはずが、俺がそのとき目にしたのは、高校時代に目にした『赤点の赤』によく似ていた。

2つの皿を目の前に俺は悲しみにくれた。

教習も佳境を迎え、教習帰りの道にあるこの店に来るのは、これが最後だなと思い、挑んだ最終戦がこんな結末になると誰が予想しただろうか。

それからのことはよく覚えていないが、相手の勝利を称えるという名目で、生チョコケーキを頼んだことは覚えている。

いや、よく考えてみれば、会計の時の大場さんの敗者に向ける笑みも覚えている。

俺は悲しみに暮れたまま帰途についた。

ごめん、みんな。
俺、勝てなかった。

こんな俺を許してくれ。

なんか負けたのにすごく満足感があるよ。

また再挑戦するね!

明日朝早いから、もう寝るとします。

ネットの反応

これは意表をつかれたw

文章も読みやすいし面白かったな

無益なことに時間と頭を使う事がこんなに面白い

世の中には料理提供が早いサイザリヤもあるんだな
俺の知ってるサイゼリヤはどこも遅いから、余裕で勝てるぜ

出典:http://vippers.jp/archives/5476091.html

前のページへ
1 2 3 4

コメント

\ 気軽にコメントしてね /