【※からかい上手の高木さん※】高木さん「どうしたの?西片君」高木さんと西片がまだ出会って間もない頃の話

高木さん「どうしたの?西片君」
高木さんと西片がまだ出会って間もない頃の話

自己紹介

《教室》

先生「で、あるからして~」

西片「…」

高木さん「…」チラッ

西片「…」

高木さん「どうしたの?西片君」

西片「え?」

高木さん「さっきから、授業も聞かないでぼーっとしてるけど」

西片「いや、別に…?」

高木さん「ふーん…」

高木さん「あ、もしかして私のこと見てたの?」

西片「は!?ちが…」

先生「おいそこ、静かにしろー」

西片「す、すみません…」

西片「高木さん!」ボソボソ

高木さん「あはは、冗談だよ」

西片「やめてよもう…」

高木さん「だって、面白いんだもん。西片君の反応が」

西片「う……」

西片(また、からかわれた…)


高木さん「西片君さいこー、あはははは」

西片(この楽しそうに笑っている彼女が、オレの隣の席の高木さんだ)

西片(なぜか勝負を仕掛けられたあの日から、オレはほぼ毎日高木さんにからかわれている気がする)

西片(どうやらオレは、高木さんに気に入られているのかもしれない)

西片(…からかわれた時のリアクションが)

西片(くそー!高木さんがオレをからかうのを止めさせる方法が知りたい…)

高木さん「ねえ、西片君」

西片「へ!?なに!?」

高木さん「今日さ、いっしょに帰らない?」

西片「ん?ああ…」

西片(…イッショニカエラナイ?)

\ 続きはこちらから /
次のページへ

コメント

\ 気軽にコメントしてね /