【※ドラゴンボール※】悟空「オラ、この世界を滅ぼす」

悟空「オラ、この世界を滅ぼす」

ある日

出典:http://www.jigsaw.jp/img/goods/L/ens7038119997.jpg

ウーブに修業をつけた悟空は久々に家へと帰ってきた。

家に帰った悟空は相変わらず修業→飯→風呂→寝る→修業の武道家(ニート)の日々を過ごしていた。

そんなある日
チチ「悟空さ~、ちょっと~」
悟空「おう、なんだぁチチー」
チチ「これわりーけど町までいって税金さ払ってきてくんろ」
悟空「あ?税金?なんだそれ?」
チチ「えー?わかっただ。いいからこの書類とお金を持って町の区役所に行って払ってきてくんろー」
悟空「わかったよー。とにかく払ってくればいいんだな。
やれやれ、なんだかわかんねーけど行ってくるか」

悟飯「あ、お父さん、すいませんけど、僕の分もお願いできませんか?」
悟空「おめーにも税金あんのかー悟飯」
悟飯「はい。所得があるので。天下一武道会の賞金なんかは引かれた状態で渡されるので、お父さんは気づかなかったんでしょうけど、支払ってるんですよ」
悟空「へー、オラ、全然知らなかったぞ。オラが戦って獲得した金なのに勝手に持って行ったんかー」
悟飯「ま、まあ、確かにそうなんですが、法律がそうですから」
悟空「なんか世の中わからないなー。ま、とりあえず払ってくっぞ」
悟飯「すいません、お父さん、お願いします」
チチ「悟空さ、ほら、地図だ」
悟空「おう、じゃ、いってくっぞ」

町についた悟空。

地図を頼りに区役所に入る。


区役所一階
男性「なぜですか、なぜ助けてくれないんですか!」
職員「私達はDVの被害者を救う為の課ですので・・・」
男性「そ、そんな、僕は妻から暴力を振るわれてるんです。骨折もしてるんです!」
職員「いえ、ですから、私達はDVの相談なので・・・」
悟空「おい、おめーどうしたんだ?泣きじゃくって」
男性「あぁ、私は妻がいるんですが、その、情けない話なのですが、妻から暴力を受けていて」
悟空「暴力?組み手や修業じゃねーのか?」
男性「違うんです。やめてくれって頼むんですが、無理矢理・・・。それで行政に相談しにきたんです」
悟空「そ、そうなんか・・・。で、だったらなんで泣いてんだ?」

男性「そ、それが行政は何もしてくれないんです」
悟空「ん?なんでだ?ぎょーせーってのはこいつのことか?」
職員「はい、ですから何度もお伝えしているように私達はDVに関する相談にお答えする課なんです。ですから男性に来られても」
男性「なぜですか、私は妻から殴られたり蹴られたりして」
職員「DVは男性から女性への暴力なんです。男性に来られても何もお答えできません。警察にでも」
男性「そ、そんな、私は妻を愛してるし、警察なんて」
悟空「お、おいおい、ちょっと待てよ。こいつが男だからって助けねーんか?」
職員「そ、そういうわけでは。ただ私達はDVに関する相談を受け付ける所なので」
悟空「そんなの暴力なんて強え奴がすることなんだから性別かんけーねーんじゃねーのか」
職員「いえ、そう言われましても」
女性「あ、あの、いいですか?」
職員「あ、はい、どうぞ」
女性「実は彼氏から殴られていて」
職員「あ、ようこそ、相談にお越し頂きました。どうぞお話下さい。」
女性「それで・・・それから・・・その後・・・」
職員「はい・・・はい・・・お辛い経験をされましたね・・・行政としては」

男性「うぅ・・・私も税金を払ってるのに」
悟空「税金?ああ、そうだ、オラ、税金を払いにきたんだ。おめーも税金払ってんのか?」
男性「はい、もちろんです。この区役所だってさっきの職員だって私達の税金で建てられ、給料が出てるんです」
悟空「そうなんかー、それなのにおめー相談受けてくれなかったんだなー」
男性「でも、もういいですよ。妻は愛していますが、警察にいきます。」
悟空「あ、ああ、おめー、奥さんに負けねーように修業でもしたらどうだ?」
男性「修業?・・・いえ、いいですよ、ありがとうございました」

\ 続きはこちらから /
次のページへ

コメント

名無し 2019.05.21 22:45

深いですね…

返信