【※魔法の特訓※】魔法使い「世界一長い呪文?」女剣士「うん。もしよかったら、教えてくれない?」魔法使い「まあ…いいけど」→その結果

【※魔法の特訓※】魔法使い「世界一長い呪文?」女剣士「うん。もしよかったら、教えてくれない?」魔法使い「まあ…いいけど」→その結果

魔法の特訓中


ドォンッ!

魔法使い「ふうっ」

女剣士「わ~、すごい」パチパチ…

魔法使い「女剣士、来てたのかい」

女剣士「魔法の特訓? 絶好調じゃない!」

魔法使い「うん、今日は比較的調子がいいね」


女剣士「今のは爆破系の魔法?」

魔法使い「うん、中級魔法ってところかな」

女剣士「魔法ってすごいよね~」

女剣士「剣なんて、よほどいいところを斬らないと」

女剣士「敵を一撃で行動不能に追い込むなんてできないけど」

女剣士「魔法は一発で相手をやれちゃうもんね」

魔法使い「そんなことないって」

魔法使い「相手を一発で仕留められるような魔法は、当然呪文も長い」

魔法使い「詠唱してるスキに接近されてズバーッなんてのはよくある話だしさ」

魔法使い「それに高度な魔法ほど、すごく集中しなきゃならないしね」

魔法使い「それこそ、自分だけの世界に入るぐらいに」

女剣士「ふうん……」

女剣士「使いどころをまちがえると、命を失いかねないってことか」

女剣士「呪文って、たとえばどんなのがあるの?」

魔法使い「たとえば……」

魔法使い「炎よ! ──だけで済んじゃうようなものもあれば」

魔法使い「ちょっと長いのだと……」

魔法使い「巨大な竜巻よ、吹き乱れ、荒れ狂い、その身をもって、敵を切り裂け!」

魔法使い「──なんてのもあるね」

女剣士「へぇ~」

\ 続きはこちらから /
次のページへ

コメント

\ 気軽にコメントしてね /