【※ドラゴンボール※】悟空「ハンター試験っちゅーものに参加すっぞ 」ベジータ「カカロットが出るならオレも!」

【※ドラゴンボール※】悟空「ハンター試験っちゅーものに参加すっぞ 」ベジータ「カカロットが出るならオレも!」

ハンター試験っちゅーものに参加すっぞ

魔人ブウを倒し、平和な生活を送っていたある日。

「悟空さ!少しは働いてけれ!」

「そんなこと言ったってよぉ…オラ働くとかわかんねぇぞ」

「ブルマさんとこの工場でもなんでもできることはあるべ!」

「わかったよブルマんとこ言って聞いてみるよ。ブルマブルマ、っと…」シュン

「よっ!ブルマ久しぶり!」

「あら、孫くんじゃない!どうしたの急に?」

「いやー、チチが働け働けってうるさくて…」

「当然じゃない…、まぁ孫くんが働いてるとこなんて想像できないけど」

「ちゅーことでさ、なんか仕事ねぇか?」

「あんたもいきなりねぇ…」

(うーん、孫くんでも出来る仕事ねぇ…)

ハッと閃いたようにブルマが顔を上げる。

「ちょうどいいわ。ハンターになりなさいよあんた」

「ハンター?」 

「そう、あんたに難しいこと言っても仕方ないから簡単に説明するけど。試験を生き抜いて資格が取れたらお金が手に入る、みたいな感じよ」

「そんな簡単なことでいいのけ!?」

「まぁあんたなら余裕でしょ」

そこに大きな声がかかる

「ちょっと待て!そのなんとか試験とやら、カカロットが出るならオレも出てやる!」

「”出てやる”じゃないわよ!あんたも1ゼニーも稼いだことないんだからね!こっちから行かせてやりたいくらいよ!」

「なんだとぉおおおおおお!」

「まぁまぁ、べジータいいじゃねぇか。一緒に行こうぜ」

「チッ。さっさと場所を教えろ!」

(孫くんも不安だけど、べジータも一緒に行くとなると滅茶苦茶しそうで不安だわ…)

「教えてあげるかわりに少し待ってなさい」

~5分後~

「はい、二人ともこれ着けて」

「オラ腕時計なんかいつも着けねぇぞ…」

「違うわよ!リミッターよ。二人とも滅茶苦茶し過ぎるからこれ着けてパワー制御して行きなさい」

「ふんっ、そんなもん着けなくともサイヤ人の王子であるこのオレ様はパワーコントロールなど自由自在だ!」

「あんたいつも重力室壊してるでしょうが!」

「む…」

「はい、着けて」

しぶしぶリミッターを着ける二人。

「なっ…!体が重い!?なんだこれはブルマ!」

「どっひゃー、ぜんぜん力が出せねぇぞこれ」

「ふふーん。でしょー」

ニンマリとするブルマ

「それはサイヤ人達が使う、スカウターでいうところの戦闘力を20にまで抑えるものよ」

「さ、サタンと同じくらいけ…」

「こんなもの着けてられるか!…なにっ!?」

「ふふーん。外せないでしょー」

更にニンマリとするブルマ

「あんたたちいま戦闘力がものすごーーーーく低いのよ?私が頑丈に作ったリミッターはいまのあんたたちの力じゃ外せないってこと」

「な、なんだとぉおお!?」

「まぁいっか。そのハンター試験っちゅうやつに合格したら外してくれるっちゅーことけ?」

「そーいうこと」

\ 続きはこちらから /
次のページへ

コメント

\ 気軽にコメントしてね /