【※甘酸っぱい青春※】アニ「チョコ頂戴」ライナー「どういうことだ?」

【※進撃の巨人※】アニ「チョコ頂戴」ライナー「どういうことだ?」

バレンタインだから・・・

アニ「だから、チョッコレイト頂戴」

ライナー「言い直して欲しかったわけじゃない。急にどうした?」

アニ「別にチョコじゃなくて別のお菓子でもいいんだよ?甘いものなら」

ライナー「なんで上からなんだよ」

アニ「明日はヴァレンタインデイでしょ?」

ライナー「そういやそうだな」

アニ「ハッ、モテる男はヴァレンタインデイなど気にしないと」

ライナー「(さっきから発音いいな)別にモテないしそういうんじゃ」

アニ「だからチョコ頂戴。チョッコレイトッ」

ライナー「何でだよ?普通逆だろ。というかテンション高いな」

アニ「普通って、何?大多数と一緒ってこと?それって何の意味があるの?」

ライナー「は?」

アニ「誰にも迷惑かけないなら『普通じゃない』ってことに何の問題もないでしょ?」

ライナー「……お前、また勝手に俺の漫画読んだろ」

アニ「男の癖にCLA○Pとか」フッ

ライナー「鼻で笑うな…それこそ誰にも迷惑かけてないんだから問題ないだろ」

アニ「チッ、論点をずらすんじゃないよ」

ライナー「お前な……」

アニ「あんたどうせ明日は沢山チョコもらえるんでしょ?だから分けてよ」

ライナー「さぁな、未来のことなどわからん」

アニ「じゃあ貰えたらでいいからさ、少し分けてよ」

ライナー「わかったから出てってくれ。一番良いの食わせてやるから」

アニ「さっすが兄貴太っ腹」

ライナー「俺はお前のような妹を持った覚えはない」

アニ「兄貴分ってことだよ、じゃあまた明日」


ライナー「まったく、仕方のない奴だな……」ハァ

アニ「あー緊張した。ちょっと巫山戯すぎたかな…私のキャラじゃないよ」フゥ

アニ「フフッ、でもこれでライナーの中に私からチョコを貰えるという考えはなくなったはず」

アニ「しかもライナーに届く一番いいチョコは私の胃の中へ行くこととなった」

アニ「私は美味しいものが食べられるし一石二鳥、いや三鳥。嬉しい誤算だね」

アニ「仕込みは済んでるし、さっさと仕上げないと」ウキウキ

\ 続きはこちらから /
次のページへ

コメント

\ 気軽にコメントしてね /