【※ドラゴンボール※】悟飯「ピッコロさん、パンの学校の運動会に一緒に行きませんか?」ピッコロ「行く」

【※ドラゴンボール※】悟飯「ピッコロさん、パンの学校の運動会に一緒に行きませんか?」ピッコロ「行く」

パンの運動会

悟飯「ありがとうございます!パンがピッコロさんにも来て欲しいって言ってるし、きっと喜びますよ!」

ピッコロ「そうか…ふむ」

悟飯「ではまた明日!」

次の日

パァン!パンパン!!

ピッコロ「!?何だこんな朝から爆発音か?」

悟飯「おはようございますピッコロさん」

ピッコロ「おい、悟飯。街で何か騒ぎが起きてるようだぞ」

悟飯「?…ああ、違いますよ、あれは花火の音です。運動会が始まるのを知らせるために鳴らすんですよ」

ピッコロ「そうか…物騒な始め方だな」

ビーデル「あ、ピッコロさん!今日はありがとうございます」

ピッコロ「ああ、パンが頑張るらしいからな。たまにはこういうのも悪くない」

パン「あー!ピッコロさんだ!おはよーー!」

ピッコロ「おお、今日は頑張れよ」

パン「あたしは紅組だからね!絶対見ててね!」

ピッコロ「ああ、分かった」

悟空「おおー、久しぶりだなピッコロ」

ピッコロ「何だ、お前も来てたのか、珍しいな」

悟空「いやー、オラも今日は修業するつもりだったんだけどよ」

チチ「オラが無理矢理引っ張ってきただ!まったく悟空さは修業と孫とどっちが大切なんだ…」

ピッコロ「サタンはどうした?」

ビーデル「絶対騒ぎになるから今日は置いてきたの。あとでちゃんとビデオを見せるから大丈夫ですよ」

ピッコロ「…そうか」

第一種目は~玉入れです~

悟飯「お、早速パンが出る種目だ」

チチ「パンちゃーん!がんばるだよー!」

パン「うーーん!わかったー!」

\ 続きはこちらから /
次のページへ

コメント

\ 気軽にコメントしてね /