【※下ネタ注意※】ハリー「お尻の穴から杖が抜けない……!」ハーマイオニー「気は確か!?」【※爆笑※】

【※下ネタ注意※】ハリー「お尻の穴から杖が抜けない……!」ハーマイオニー「気は確か!?」【※爆笑※】

ある日のハリ―達

ハーマイオニー「ハリー、貴方って……前から普通じゃないとは思っていたけど」

ハーマイオニー「こんなのって……異常よ? だって、杖がお尻から……どうしてそんなことになるの?」

ハリー「話せば長くなるんだ。それよりも今は……とにかく、この杖をどうにかしないと。抜くのを手伝って」

ハーマイオニー「ねえ、まさかとは思うけど……それって私に言ってる?」

ハリー「他にいる!? 僕の前には君しかいない! ハーマイオニー!」

ハーマイオニー「ねえ待って、やめて。絶対に、嫌だから」

ハリー「痛みで動けないんだ。僕ひとりの力じゃどうしようもない」

ハーマイオニー「だって……お尻から杖を引っ張り出すなんて……そんなことできないわ」

ハリー「大丈夫、君ならできる。杖を握って引っ張るだけなんだ。だから……見捨てるようなことを言わないで」

ハーマイオニー「本当に無理なの。できないわ、私……杖をお尻から……ああダメ、絶対にできない」

ハリー「あっ」

ハーマイオニー「えっ?」

ハリー「少し出た」

ハーマイオニー「杖が……? 良かったじゃない。そのまま待っていれば、自然と全部――」

ハリー「おあいにく様、出たのは杖だけじゃないんだ。分かってるとは思うけど……お尻の穴だから。少し匂うけどごめん」

ハーマイオニー「やだっ! 嘘でしょう!? ちょっと……ハリー!!!」

\ 続きはこちらから /
次のページへ

コメント

\ 気軽にコメントしてね /